1. >
  2. >
  3. 1人で着られる着物の着方

1人で着られる着物の着方


襦袢が着られたら、次は着物と伊達締め、腰ひもを用意してください。

手に取りやすい位置にそれらを置いておくと着崩れが少なくなります。

kimono_kaitori

【1】着物を広げます。ひろえりと言って襟の部分が折られていない状態の場合は襟にフックがありますのでそれをとめてください。襟が一番真中の部分になります。とめた所をもってうしろにふわっと肩からあげてくる感じで着るとうまくいきます。あんまりしわがいきません。

【2】襦袢の袖を持ちながら両方袖を入れていきます。

【3】1番でとめた襟を折り返したまま襟をそろえます。襟先を上からもってくると切り替えししてある部分があります。そこを右左つまみながら背中の真ん中も反対のてでつまみ上下させます。
そうするときれいに襟がたちます。

【4】次に揃えた襟を持ちながら裾の長さを決めます。
左で持っているものが前にきます。前になった部分が足袋の右足の親指のところにくるぐらいが
きれいと言われています。

【5】長さが決まったら右手を前にだしてお尻がピタッとくるように回し込みます。

【6】右手で腰を抑えながら左手が自由に使えるので腰ひもを手に取り後ろで交差させ
紐を前で蝶々結びにします。腰ひもが一番重要な部分です。
息をふっと吸いながら結ぶと苦しくなくとめることができます。

【7】みやつぐちから手を入れて上半身のだぶだぶになっている部分を引き締め整えます。

【8】そして右手で着物を抑えながら伊達締めを締めます。これも締めるときは息を吸って引っ張ると苦しくないです。蝶々結びだと玉ができるので2回グルグルまわしてキュト締めて回転させて伊達締めに差し込みます。

【9】背中のしわをとります。

【10】襦袢が上に上がってくるのでお尻の部分をひっぱり襦袢を整えます。

【11】全体にしわを整え完成です。

帯の付け方は次回ご紹介いたします。



当ページからのリンク先とページ記載の内容につきましては一切関係ありません